BoyScoutSaitama205

背景

創設者ベーデンパウエル卿

1857年2月22日、イギリス・ロンドンで生まれました。 父はオックスフォード大学教授。母(ヘンリュック・グレース1824~1914)はイギリス海軍の名家スミス家の出で、良妻賢母でした。 ベーデンパウエルは8番目の子供でした。4歳で父を失い、母の愛情のもとで育ちました。 絵画、文筆の才能をもった人でした。 19歳の時、イギリス陸軍の騎兵士官候補生となりました。 陸軍の将校としてインドヘ行ったとき、偵察活動、地図の作り方及び報告の仕方を研究しました。 これらの研究は、少年を訓練する時に非常に役にたちました。 50歳で軍人生活を退くまでに、軍人生活の中で、人間にとって観察力、推理力の重要性を感じ、これが後の スカウティングの班制度と進歩制度のヒントになりました。 アフリカでは、太陽と雨から身を守るために、常につばの広い帽子をかぶり、陸軍技師が使っている長い杖を持ち歩いていました。

イギリスで始まりました

「子どもどうしでキャンプをすると、すごく楽しくていいぞ!」ということを思いついた ベーデンパウエル卿が、20人の子どもたちを連れて小さな島で実験キャンプをしました。1907年50歳の時のことです。 その翌年1908年1月に隔週発行の雑誌「スカウティング・フォア・ボーイズ」創刊号を発刊しました。 その雑誌は、創刊された直後から少年達の大ベストセラーとなりました。少年達は、その雑誌の方法にしたがって自分達で班を作り、ボーイスカウトとしての活動を始め、 それが現在の世界の主要なボランティア活動に発展していきました。 今では、ほとんど世界中でボーイスカウトが活動しています。

埼玉県内には144の団があり、約6,500人のスカウトが、野外を中心に楽しい活動をしています。

205団へのあゆみ

1947年(昭和22年)埼玉県浦和にボーイスカウトが誕生する

昭和22年8月1日、埼玉軍政部教育課長スカット氏の招請により、日本連盟本部理事長三島通陽、同主事関忠志、県社会教育課河合寿三郎の三氏が列席しボーイスカウト再建に関する協議が行われる。

同年9月25日~29日、秩父郡長瀞養浩亭において、第1回指導者講習会が開催され浦和より18名が参加している。10月26日、浦和第1隊、第2隊発隊式が旧埼玉会館前にて挙行される。指導者16名・隊員80名 隊長今井昭武・秋本英朗 来賓埼玉軍政部長ライアン中佐・スカット中尉・シャンツ伍長・西村実造知事・大沢雄一 県総務部長・細谷憲治県教育部長・塚原千尋県社教課長・松井計郎浦和市長・小山清連市教育課長、他来賓報道関係者多数参列する。

県、浦和のボーイスカウト発隊に至る経緯は「ボーイスカウト県50周年記念誌」、河合寿三郎氏の「戦後ボーイスカウト濫觴の地は浦和」(ボーイスカウト浦和地区30周年記念誌)に著されている。

1950年(昭和25年)「浦和第5隊」の発隊

 さいたま第205団の前身である浦和第5隊は昭和25年に発隊している。

ボーイスカウト県連50周年記念誌によると、昭和26.4.1現在の記録に第5隊が明記されている。同年8/4~8/8の第3回日本ボーイスカウト全国大会(蔵王)には参加したようだが、翌S27年の県連5周年記念大会(年表では参加とあるが・・)へは不参加となっていて不明確である。昭和28.8月関東キャンポリーに第5隊の名前はなく、「S28.7.16浦和第5隊再発隊」となる。発隊に関する最もはっきりした記録は『昭和28.7.16浦和第5隊再発足。秋本英朗隊長とボーイスカウト地区関係者の熱意と仲本小学校神田校長の協力により、仲本小学校を中心に再発足。隊長以下32名(副長1名、上級班長1名)。』との記録がある。

昭和24年には第3隊、昭和25年には第4隊、第5隊、昭和26年には第8隊までが発隊している。第5隊は何らかの事情があり、1~2年間休隊状態だったようだ。その後、上記のように再発隊となった。

昭和33年8月、5団年少隊発隊(現カブ隊)初代隊長は島村良平氏。昭和62年4月5団ビーバー隊発隊する。初代隊長は二瓶則子氏。平成13年の浦和第5団発隊50周年には8月には記念キャンポリーが日本連盟那須野営場にて行われる。11月には、仲本小学校にて記念式典が挙行されるなど様々な記念行事が行われた。また、記念誌も発行された。元ビーバー隊長高野恵子編集長の下、埋もれていた50年間の5団の記録が形になり5団関係者のみならず、記憶に残る貴重な一冊となった。浦和・大宮・与野の三市合併によりさいたま市が誕生し、平成21年、ボーイスカウトも地区再編により浦和地区からさいたま南地区となり、浦和第5団もさいたま第205団と名称が移行された。そして、平成23年は発隊60周年を迎えた。

活動内容

スカウトとは、「先駆者」の事で、「自ら率先して幸福な人生を切り開き、社会の先頭に立とうとする子どもたち」 という意味を持っています。すべての人に開かれており、キャンプや奉仕活動を通じ、学区や学年を超えた地域 社会における教育活動です。 そしてその教育には子どもたちが自ら成長できるよう段階的なプログラムが用意されています。 活動は、学校や家庭では出来ないようなことをしていくもので、楽しいゲームやハイキングをします。 子どもたちの体力や健康、協調性やコミュニケーションの能力、リーダーシップ、心の平和といった、一人の人間として身体的、知的、社会的、精神的発達を促す活動です。

1ヶ月に3~4回、日曜日を中心に楽しい集会があります。学年によって集会の頻度など違います。

ハイキングやキャンプのほかにも工作やスポーツ、世界中の仲間との交流などテーマがいっぱいあります。

ページの先頭へ戻る
サイトマップ個人情報保護法
BoyScoutSaitama205 Copyright 2012.All Right Reserved